ご訪問ありがとうございます。マスメディアの一角で働く美浦克教が「メディア」や「労働」を主なテーマに運営します。初めてお出での方はカテゴリ「管理人ごあいさつと自己紹介」をご覧ください。


by news-worker2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お知らせ・シンポジウム「憲法25条・生存権とメディア」

 シンポジウムのお知らせです。

憲法メディアフォーラム開設3周年記念シンポジウム
「憲法25条・生存権とメディア」

日時 4月19日(土)13時30分~16時30分
資料代
500円
場所 KFCホール
東京都墨田区横網 1 丁目6番 1 号
<TEL> 03-5610-5801
[地下鉄] 都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口に直結
[JR]JR中央・総武線「両国駅」東口より徒歩約6分

プログラム
主催者挨拶、活動報告・サイトの歩みの報告、パネルディスカッション、会場との質疑応答
パネリスト:後藤 道夫 (都留留文科大学教授)
パネリスト:板垣 淑子氏(NHKスペシャル「ワーキングプア」取材班)
パネリスト:河添 誠 氏 (首都圏青年ユニオン書記長)
コーディネーター:丸山 重威 (関東学院大学法学部教授、日本ジャーナリスト会議運営委員)

 憲法メディアフォーラムは日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)と日本ジャーナリスト会議(JCJ)が共同で運営しているサイトです。わたしがMIC議長だった2005年4月に立ち上がりました。
 後藤道夫さんは、「ワーキングプア」などの言葉がまだそれほど知られていなかった2005年12月当時にMICの春闘討論集会に講師として来ていただきました。「貧困」が若年層を中心に深刻化しつつある、と指摘されたことが強く印象に残っています。わたし自身、「ワーキングプア」という言葉があることをこのころ知りました。
 NHKの「ワーキングプア」は多くの説明は不用かもしれません。首都圏青年ユニオンは労働組合運動のあり方を考える上で多くの示唆が得られるものと思います。
 19日は大学の授業が終わり次第、参加する予定です。
[PR]
by news-worker2 | 2008-04-15 23:25 | 憲法